楽しいクラスTシャツのアレンジ方法

クラスTシャツは一般的にイベントを盛り上げるための衣装としてグループやサークル単位で作成するTシャツのことです。高校の文化祭や体育祭、大学のサークルなどでよく見かけるTシャツがこの「クラスTシャツ」です。メンバー同士で連帯感を出すための道具として重宝されています。また、クラスTシャツにはTシャツだけではなくポロシャツ、パーカー、ウインドブレーカーなども「クラスTシャツ」に含まれます。目的地や目標などへ共に向かって活動するメンバーの象徴がクラスTシャツです。クラスTシャツを語る上で大事なことは「いかに着こなすか?」です。せっかく素敵なクラスTシャツを作成しても着こなし方が悪いと台無しです。クラスTシャツ以外の服装、髪型、小物によるアレンジも大変重要です。クラスTシャツの着こなし方を詳しく説明します。

一体感を出すための着こなしとは?

一体感を出すための着こなしについて大事なポイントを紹介します。スポーツやチームやサークルの場合、クラスTシャツ以外の服装が重要です。チーム全員が同じジャージやパンツを着用しましょう。チアリーディングなど女性中心のチームではスカートのデザインや色は大変重要です。クラスTシャツを作成するときに上下全体のコーディネートが大切です。主役はTシャツなのでジャージやスカートは脇役になるようにコーディネートしてください。Tシャツは派手目なデザインにし、ジャージやスカートは地味目にしましょう。着こなしを考えるときにもう1つ大事なことはサイズ選びです。基本的に少し余裕のあるサイズを選びましょう。やや余裕のあるTシャツの方が見栄えがよいです。例外もあります。ダンスチームやレスリングなどボディーラインもアピールしたい場合は1つ下のサイズを選びボディーラインとTシャツの両方を強調させましょう。

楽しくクラスTシャツをアレンジしましょう

クラスTシャツのアレンジで大事なポイントは、Tシャツそのものを加工するか?しないか?の判断です。チアリーディングやダンスチームのようにチームの一体感を重視する場合は個々のシルエットが同じでないといけません。そのためTシャツそのものを加工してはいけません。Tシャツは公式戦用のユニフォームと同じと考えてください。着方もチーム全体で同じにします。文化祭やフェスのように個性を出してよい場合はTシャツの原型さえわかればよいので思い切ったアレンジが可能です。袖、襟、裾を思い切ってカットしてみましょう。カットした部分を結ぶだけでも別の衣装に変わります。セクシーに仕上げたい時はおへそや鎖骨が見えるようにアレンジしましょう。お気に入りのリボン、ボタンやバッジを付けてみましょう。「別の衣装」に仕上がったらそれに合うスカートやパンツをコーディネートしましょう。そしてイベントを思いっきり楽しんでください。