色々組み合わせて選べるクラスTシャツを活用

Tシャツはたくさん持っていても着る機会が多いですので困らない衣服です。仲の良い友達やサークルでの仲間、クラブ活動などでお揃いのクラスTシャツを制作して楽しんで着こなしている方々も近年では多くいらっしゃいます。これは、個性豊かなTシャツ作りが業者さんや個人が簡単に作れるようになったことにも大きく関係しています。みんなで同じTシャツで揃えると、仲間意識もいっそう芽生えますし、自然と団結力も深めていけて、後から思い返しても良い思い出となります。写真などが残っていれば特に記憶にも残りますし、もしも年齢的には着なくなってしまったとしても、押入れに保管されているクラスTシャツを見るだけで、当時の記憶が蘇ってくるものです。このように実用的な着用できる点と、思い出や記憶を保管できる点の両面での良さを持っているのがメリットでもあります。

クラスTシャツをシンプルにすれば逆にまとまって見えることもある

クラスTシャツを上手に着こなすために、制作段階ではあえて色やデザインなどを複雑な物にしないというのも一案です。もしも仲間内でのロゴやマークなどがあればそれは印刷するとしても、あとはシンプルに仕上げてみるということです。クラスTシャツの上から羽織る上着や、ズボンやスカートなどの下の服とのさまざまな組み合わせを考えた時に、中のクラスTシャツがシンプルな物である方が、他の様々な物とも合わせやすいからです。シャツの部分にしっかりと統一感は残して、その他は思い思いの各自の着こなしで組み合わせたとしても、例えば集合写真などを撮った時にはシャツに関してはまとまっているので全体的にもまとまった感が出しやすいです。特に人数が多い場合には、いろいろな色味やデザインがある着こなしの中にさらにTシャツまでもが複雑な状態ですと、全てが埋もれてしまいがちというわけです。

クラスTシャツにプラスワンすればさらに着こなしも広がる

クラスTシャツは、学生さんばかりではなく一般の人も着られますし、性別や年齢も関係がない衣服です。作ろうと思えば、誰でも制作して、着ている人達で盛り上がることができるアイテムになります。衣服ですから従来のように多くの製作業者も対応していることで、個人が制作を依頼することは簡単にできる時代です。市販のシャツと違って、自分達でデザインや色を決めたりする楽しさがあり、しかも値段がリーズナブルなものも多いです。クラスTシャツを着こなすのも、普段のTシャツを着こなすのと大差なく、着る人のセンスにかかっているところはあります。けれども、せっかくみんなで同じ物を着ているわけですから、上着や下に着る服、アクセサリーやスカーフなどといったプラスワンのアイテムを仲間たちで工夫をして追加するなどすれば、さらにファッションアレンジが広がっていきます。